会社設立に必要な費用

会社設立ををする際には、しておかなければならない手続きなども存在しているので、ある程度の費用は必要になるでしょう。これから設立を考えている人にとって資金面は重要なポイントになるので、今回は必要な費用について説明します。

まず、最低限必要と言われている資金が設立の際の手続きにかかる費用です。法人化をする際には登記をしなければなりませんが、この時には「定款に貼る収入印紙代」、「定款の認証手数料」、「定款の謄本手数料」、「記の際の登録免許税」などの費用がかかります。

これらの手続きは自分で全て行うことができますが、代行業者や会社設立サービスを利用して税理士に頼むことも可能です。依頼をすることで面倒な手間が省けますし、自分で手続きをするよりも安くできる可能性も高くなります。少しでも安く済ませたいと思っている場合には代行業者に依頼をすると良いでしょう。

また、その他に必要な費用として資本金があげられます。資本金については1円でも可能ですが、取引先の信用度なども考えると300万円以上は用意をしておいた方が良いと言われています。しかし、安易に300万円ほどの資金を集めた方が良いのかというとそうではないので、資本金についてどの程度必要なのかについてはしっかりと考える必要があります。