会社設立に必要な費用

会社設立ををする際には、しておかなければならない手続きなども存在しているので、ある程度の費用は必要になるでしょう。これから設立を考えている人にとって資金面は重要なポイントになるので、今回は必要な費用について説明します。

まず、最低限必要と言われている資金が設立の際の手続きにかかる費用です。法人化をする際には登記をしなければなりませんが、この時には「定款に貼る収入印紙代」、「定款の認証手数料」、「定款の謄本手数料」、「記の際の登録免許税」などの費用がかかります。

これらの手続きは自分で全て行うことができますが、代行業者や会社設立サービスを利用して税理士に頼むことも可能です。依頼をすることで面倒な手間が省けますし、自分で手続きをするよりも安くできる可能性も高くなります。少しでも安く済ませたいと思っている場合には代行業者に依頼をすると良いでしょう。

また、その他に必要な費用として資本金があげられます。資本金については1円でも可能ですが、取引先の信用度なども考えると300万円以上は用意をしておいた方が良いと言われています。しかし、安易に300万円ほどの資金を集めた方が良いのかというとそうではないので、資本金についてどの程度必要なのかについてはしっかりと考える必要があります。

会社設立をする前に心構えをしておこう

会社設立について考えている人は、簡単に説明をすると独立を考えている人ということになります。そのため、サラリーマンや会社員ではなくなりますので、心構えもサラリーマンの倍以上はしなければなりません。今回は会社設立をする前に確認しておきたい心構えについて紹介します。

まず、大切なことは自分の情熱に真っすぐかどうかです。なぜ起業をするのかと問われて、儲かるから始めるという人もいますが、実際にそれだけの理由で起業をしても失敗に至るケースが多いと言われています。

サラリーマンと異なる点として、毎月安定した給料が入ってくることはありません。時には全く収入を得られないということもあるので、情熱がないと途中で投げやりになったりする原因になってしまいます。情熱が注げる仕事かどうか、本当に自分のしたい仕事であるかということは基本と言えるでしょう。

また、一人だけで成功をさせようとはせず、理解があるパートナーを選ぶようにしましょう。
起業をする人の中には一人で何もかもやろうと思っている人もいますが、大きな組織にしていくためには一緒に働いてくれるパートナーを探すことは重要です。理解のあるパートナーを見つけることで作り上げたいものが短時間で完成する可能性も高くなります。効率的に進めるためにも、理解してくれるパートナーを探すようにしましょう。

会社設立のメリットについて

独立について考えている人は個人事業主か会社設立かで迷っている人もいるかと思いますが、その中でもメリットが多いと言われているのが会社設立です。では実際にどのようなメリットが存在しているのでしょうか?
まずは会社設立の利点について紹介します。

一つ目は取引先から信用を得やすいということです。ここ最近、昔に比べると個人事業主と契約をする法人も増えてきていますが、全ての企業が個人事業主と契約をしているというわけではありません。
やはり現在でも法人としか契約をしていない企業はたくさん存在しており、仕事の幅から言うと会社設立をした方が信頼を得やすいので仕事の幅も広がります。もし企業の下請けとして活躍していきたいと思っている場合は、法人化にした方が仕事の幅を広げやすいと言われています。

二つ目のメリットは、資金調達の幅を広げられることです。
例えば個人事業主が金融機関から資金を調達しようと考えた場合、第三者の保証人が必要になる可能性が高くなります。そのため、資金があまりないという人は大変苦労することになりますが、法人の場合は信用度が高いので、金融機関からも保証人無しで借りられる可能性は高くなります。
資金調達ができればビジネスにもつなげられるので魅力的です。

このように、今回は二つのメリットについてを紹介しましたが、まだまだ会社を設立することで得られるメリットはたくさん存在しています。このサイトでは会社設立について考えている人のために必要な豆知識について紹介します。